チャイルドマインダー

保育のプロに!英国発祥チャイルドマインダー

チャイルドマインダーって子どものような心を持った人?違います。

 

 

いわゆる保育ママといわれる、自宅に小さい子供をあずかって、保育士のような役割をする人のことです。イギリスが発祥地です。

 

 

日本でも英国のNCMAから修了証が出るプログラムがあります。

 

 

終了すると認定チャイルドマインダーネットワークサービスに加盟して、保育サービス事業者として開業したり、直接ダイレクットマインダーとして経験を積むこともできます。

 

 

本国では、働く人の全てが保育所へ子どもを預けるわけではありません。週に1度だけ預けたい人もいれば、住み込みで子どもを小さいときから見て欲しいという人もいます。

 

 

また、母親同士のコミュニティで、子どもを自宅で預かる組織も多く、そういった場合でも、資格のある人同志で交代に子どもを見たりするケースもあります。

 

チャイルドマインダー働くママが多い現代。家庭保育のプロが求められています

評判の良い保育所は混雑していて、なかなか空きがなかったり、近所に良いところがなければ、こうした保育ママ制度を利用しようという人が多くいることや、金銭的に恵まれている人は、できるだけ自宅ベースで子どもにムリのない保育環境をと望むからです。

 

 

日本では、保育所へ入れて母親が働くことが、現実的には必須である社会状況であるにもかかわらず、保育所のシステムが全く追いついていなくて、仕事を探すのに保育所が探せない、保育所をさがすのに仕事を持っている必要があるという、どろ沼状況が長く続いていますよね。

 

 

こういった育児環境の遅れが、さらなる社会不安にもつながって、少子化にはますます拍車がかかっているという現状があります。

 

 

そこで育児ママの需要も高まっています。保育所のように大多数の園児の中に小さい子供を預けるのではなく、お互いカオが見えて、住所がわかる保育ママに、安心してこまやかなサービスを期待するママが増えているためです。

 

 

英国チャイルドマインダー養成講座は、子育て経験のある保育ママだけでなく、子育て経験がなくても、家庭的保育のプロを目指す人にぴったりな講座です。

 

 

通信講座もあるので、今ある仕事をつづけながら受講することもできます。手に職を付けたい人におすすめです。

 

家庭保育のプロになるなら!就業支援もばっちり

年功序列の崩壊、終身雇用の崩壊。

 

 

高度成長期のときのような「会社にいれさえすれば」という安全神話はなくなり、給料カット・残業代カット・ボーナスカット・退職金だって保証されない状況はいまやおかしい話ではなくなりましたよね。

 

 

もっと安定した環境で働きたい、もっと自分らしくやりがいのある仕事をしたい。

 

 

もしあなたが仕事に関してそんな願いを持っているなら選択肢としてちょっと考えてみる価値のある職種があります。

 

 

その職種とは・・・チャイルドマインダー。

 

 

現在の日本では高齢化が進んでいることで、高齢者関連の業種が人手不足に悩まされていますが、それと同様に待機児童問題からわかるように子供の保育の環境の悪化が問題となっておりこちらもニーズは非常に大きいのに人手が不足しているという状況が続いています。

 

 

この待機児童問題対策として厚生労働省では2010年度より、家庭的保育事業の基準を策定し、2011年度より小規模保育制度を全国の自治体が運用できる枠組みを策定しました。

 

英国政府認定はここだけ!チャイルドマインダー養成講座

この結果保育市場が拡大し、今一番注目を集めているのがチャイルドマインダー(家庭的保育者)なんです^^

 

 

このイチバン注目を集めているチャイルドマインダーになるための充実した通信養成講座もあるんです^^

 

 

それはこのチャイルドマインダーの発祥の地であるイギリスの政府が認定している全英チャイルドマインダー協会と独占契約しているNCMA.Japanの【英国チャイルドマインダー養成講座】!!

 

 

全英の自治体が導入しているチャイルドマインダートレーニングプログラムで講座修了後はイギリスのNCMAからの修了証が発行され、合格者には合格証も授与される【英国チャイルドマインダー養成講座】^^

 

 

厚生労働大臣認可の社団法人全国産業能力開発団体連合会の優良認定講座にも認定されているから、講座を修了することで、確実に仕事につながる資格として注目されているんです♪

 

 

安定した業界への転職、自分らしさを発揮できる環境へ・・・と考えているなら試してみる価値はあるんじゃないでしょうか?!